『個人債務者の私的整理に関するガイドライン』

平成23年8月22日(月)より、『個人債務者の私的整理に関するガイドライン』が始まりました。
一般社団法人 個人版私的整理ガイドライン運営委員会

個人債務者の私的整理に関するガイドライン」(平成23年7月15日「個人債務者の私的整理に関するガイドライン研究会」)

○『ガイドライン』の利用により、金融機関と、既存のお借入れについて弁済方法の変更や債務の減免などを、話し合うことができます。
また、法的倒産手続による不利益を回避できます*。
○『ガイドライン』の対象者は、『個人』の方です。東日本大震災の影響を受けた個人の方を対象としています。

○ 主な対象要件は以下の通りとなっています。
• 住宅ローン・事業性ローン等をお借入れの個人の方
• 住居・勤務先、事業所・取引先等の生活・事業基盤などが、『東日本大震災』の影響を受けたこと
• 既存のお借入れが弁済できない、または、近い将来弁済できないことが確実と見込まれること(自己破産などの法的手続に入ることが見込まれること)
例えば、①勤務先が被災し、収入が途絶え、新しい収入見通しも立たない場合、②収入はあるが、減少し、債務全般の返済ができなくなった場合、などが考えられます。

登録専門家(今月応募しました)として今後少しでも被災者のお役に立てればと考えております。

月別アーカイブ